終身雇用の時代は終わり、サラリーマンとして自由な選択ができる時代になった。転職や起業する事も考える年齢は30代から始まっています。40代になると中間管理職そして幹部と責任ある立場として業界における知識とともにマネージメントを経験し気が付くと50代、サラリーマンとしての賞味期限が近づいてくる。人口減少が加速する日本の働き方改革として様々な働き方を模索する必要があります。現役サラリーマン時期からキャリアを生かし中小企業の後継者候補・経営幹部・顧問アドバイザーなどセカンドキャリアが求められています。


プロジェクトの特徴は

現役プロ経営者から中小企業経営について直接学ぶ機会を設けています。

― 経営者のリーダーシップ ―

― 会社の存在意義 ―

― 経営者のチャレンジ ―

― 組織と育成 ―

― 会社の血液 ―

― 会社のイノベーション ―


無料登録フォーム

中小企業の経営者(後継者)候補へ


中小企業の幹部へ


中小企業の顧問・アドバイザーへ




関連サイト